社長挨拶

 ゲイル(GALE)とは疾風や強風を意味します。
今はまさに変革の時、旧来の価値観は崩れつつあり、真に必要なものは何か、世界中の人々が探し続けています。
 ゲイル株式会社は、お客様のお仕事自体を理解し、更に将来について一緒に考えていきます。 最終的にシステム開発を通じ、お客様が真に必要なニーズとは何か、またそれが将来どうなっていくかを汲み取り、可能性を追求します。

 「システム」とは所詮、道具でしかあり得ませんが、人間がその道具を最大限利用することで得られる"喜びや驚き"は尊いと思います。
ある人にとっては、それは時間であり、ある人にとっては、煩わしさからの開放であるかもしれません。 あるいは、今までの自分の仕事に対して虚脱感さえ感じることになるかもしれません。
「システム」を通じて、新たな課題が発見され、新しい使命感に燃え、探究心を持ち続けていくことが出来れば 「システム」は生命を持ち続けることが出来ると信じてます。 効率や利益だけを追求するシステムでは、ヒトが追いついていけず、いずれ挫折します。そんな事例を数多く経験し、見てもきました。

 お客様と対話しながら現場を見に行く。また対話する。その繰り返しでお客様の気持ちを知ることができます。 お客様の気持ちを大切にしながら、一つ一つのシステムを作り上げる会社でありたいと思います。

 経営者はもちろん、現場の方々が一番喜んでいただけるシステムを作るという使命感を常に持ち続け、社会に風を吹き込んで参りたいと思います。

代表取締役 國分由喜夫